イタリア・シチリア現地発オプションとイタリア旅の情報サイト

映画ニューシネマパラダイスのロケ地とマフィア博物館ツアー

もっと知りたいシチリアのこと。実在するコルレオーネ村へ

名画「ニューシネマパラダイス」のロケ地、パラッツォ・アドリアーノ村を訪ねたのち、もう1つの村へ向かいます。それは、コルレオーネ村。

コルレオーネと言えば、映画「ゴッドファーザー」の主人公マイケルの父、ドン・コルレオーネの出身地。映画では、タオルミーナ近郊の村が舞台となりますが、実は、実在する村の名前でもあります。

本物のコルレオーネ村は、映画のロケ地ではありませんが、シチリアを知る、ゴッドファーザーのテーマでもあるシチリアマフィアとは何かを知る意味で、とても重要な場所。しかし、ただふらりと立ち寄るだけでは、何もわからないかもしれません!

 このツアーでは、本物のマフィアが残したリアルなドキュメンタリーを見学します。残酷な話が苦手な方や、シンプルに映画「ゴッドファーザー」のロケ地見学はこちらがおススメです。  半日で行く!映画「ゴッドファーザー」のロケ地ツアー

本物のマフィアとはいかなるものか?
完全日本語通訳付きマフィア博物館見学ツアー

イタリア各地の空港には、その土地にゆかりのあるヒーロー的存在の名前が付けられていますが(レオナルド・ダ・ヴィンチ空港やマルコ・ポーロ空港など)、パレルモの空港名は、「ファルコーネ・ボルセリーノ空港」。この名前の主をご存知でしょうか?

ジョバンニ・ファルコーネ判事とパオロ・ボルセリーノ判事。マフィアと戦い続け、そして暗殺された2人の英雄です。


 ファルコーネ判事とボルセリーノ判事の有名な写真を掲げた反マフィアのポスター。”マフィアは彼らを殺してはいない。彼らの信念は、私たちが引き継いでいく”

コルレオーネ村は、この2人を暗殺した一大勢力”コルレオネーゼ”の本拠地であり、悪名高き大ボス中の大ボス、トト・リーナベルナルド・プロヴェンツァーノの出身地。

このツアーでは、コルレオーネ村内部にある「マフィアと反マフィア運動に関する国際ドキュメンタリーセンター」を訪ね、戦後から台頭したマフィアの歴史、裁判記録、当時の新聞など貴重な資料をベースに、現地ガイドの案内で見学します。

 
本物のマフィアとはいかなるものか。どこから現れ、どこに消えたのか…消えていないのか。マフィアに翻弄され続けた村で聞くリアルな声。現地でしかできない貴重な体験となるはずです。

こちらもご参考に!コルレオーネ村体験ルポ>>>ブログ:コルレオーネ村

プラン内容と料金

映画ニューシネマパラダイスのロケ地とマフィア博物館ツアー
200€
2名参加の1名料金

  • 9:00パレルモ市内出発(お泊りのホテル、もしくは指定場所)
    午前 ニューシネマパラダイスのロケ地を見学
    ランチ(ワイナリーもしくはアグリツーリズモ)
    午後 コルレオーネ村散策・マフィア博物館見学
    17:00 パレルモ帰着
  • ●1名参加 280€  ●3名様以上はお問合せ下さい。
  • 料金に含まれるもの:日本語通訳・送迎車
  • 料金に含まれないもの:ニューシネマパラダイス博物館1€、ランチ、博物館入場料15€

 
※マフィア博物館見学のみのプランニングも可能です。お問合せ下さい。

 

スポンサーリンク

関連記事